ZAPPAHEADZ TV
好きな音楽紹介や日記

オールマン・ブラザーズ・バンド『ザ・フィルモア・コンサート』

2006年11月11日 (土曜日)
Pocket

ab45d7c4.jpg

●サザン・ロックの代表バンド、オールマン・ブラザーズ・バンドの傑作ライブ。

これは、わたしにとっては思いで深いアルバムだ。

学生時代、ゲーセンでバイトをしていたことがあるのだが、その時の先輩の影響で聴きはじめた。

はじめに聴いたときの印象は、それまで自分が聴いていた音楽とは全然違っていた。それまでは、だいたい5分程度の曲しか聴いたことがなかったけど、この作品では10分以上は当たり前だし、最長30分なんていうのもある。(もちろん短い曲もあるけど)

そして、そのときの感想としては、「なんか演奏してるって感じがするなぁ」というものだった。アメリカン・ロックなんだけど、なんか洗練された感じもするし、長いギターソロもあるしで、わたしにとっては初体験な音世界だった。今思うと、たぶん、本作をきっかけにインスト物に目覚めた気がする。

それで連日オールマンに夢中になり、バイト先のゲーセンでは、バカでかい音でガンガン鳴らしたものだった。競馬ゲームの音が聞こえないくらいの爆音だったんで、客からクレームをつけられてしまう始末だった。

とにかく、それくらい凄いライブです。
聴くっきゃないですぞ!

アマゾンで詳細を見る

Pocket

         
この投稿は 2006年11月11日 土曜日 9:00 PM に ロック/ポップ全般 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ

2006年11月
    6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930